〒234-0051
神奈川県横浜市港南区日野6-9-7
さいとう045-843-3110
駐車場13台完備
ネット予約はこちら

予防接種

予防接種とは

予防接種のイメージ写真

特定の病気(感染症)の予防に有効とされるワクチンを接種することで、その病気に対する免疫を高めることを目的に行うのが予防接種です。
接種により、感染症に罹りにくくするほか、万一罹ってしまったとしても症状がひどくならないようにします。

ワクチンについて

ワクチンは、感染症の原因とされる各種の細菌やウイルスの病原性を弱めたり、また、それらを無毒化したりすることでつくられます。
これを体内に注入することで、抗体(病原体と結合し、それを体内から除去するように働くたんぱく分子)をつくらせ、当該感染症に罹りにくくし、また重症化を防ぎます。

小児の予防接種について

小児の予防接種のイメージ写真

生まれた時点では、赤ちゃんの体にはお母さんからもらった免疫が残っていて、感染症からある程度守られています。
ただしその効力は徐々に減弱し、生後3か月を過ぎたころから様々な感染症に罹りやすくなっていきます。
それ以降の乳幼児期はしばらく免疫が未熟な状態が続くため、感染症が重症化したり命にかかわることもあります。
そのため、感染症から身を守るために、最も確実な方法として予防接種が行われています。
予防接種後にすぐに免疫がつくわけではありませんので、多くの場合、生後2ヵ月からワクチン接種が始まります。

「定期接種」と「任意接種」

お子さんが受ける予防接種には、「定期接種」と「任意接種」の2種類があります。
定期接種とは、予防接種法によって国が「一定の年齢になったら受けるように努めなければいけない」(接種の勧奨)と規定しているワクチンです。
費用は公費負担ですので、対象期間に摂取すれば無料になります。

一方、任意接種は、予防接種法で規定されていないものの、国が使用を認めているワクチンです。
費用は基本的に自己負担(自費)となります。
また定期接種のワクチンでも、対象期間を過ぎた場合は、全額自己負担で実施する「任意接種」となりますのでご注意ください。

お子さんの予防接種は、感染すると重症化しやすく命にかかわる可能性があるものや、後遺症が懸念されるもの、感染力が強いものなどを対象に行われています。
任意接種のワクチンについても同様ですので、基本的には任意接種のワクチンについても当院では接種をおすすめしています。

横浜市で実施している定期接種ワクチン

予防接種名 標準の接種年齢と接種方法 接種対象年齢(無料で受けられる期間)
Hib(ヒブ)
【不活化ワクチン】
初回 生後2~7ヵ月未満の間に接種を開始し、生後12ヵ月までに27~56日の間隔で3回 生後2~60ヵ月(5歳)未満 (計4回)
追加 初回接種終了後、7か月~13か月の間に1回
小児用肺炎球菌
【不活化ワクチン】
初回 生後2~7ヵ月未満の間に接種を開始し、生後12ヵ月までに27日以上の間隔で3回 生後2~60ヵ月(5歳)未満 (計4回)
追加 生後12~15ヵ月の間に初回接種終了後、60日以上の間隔で1回
B型肝炎
【不活化ワクチン】
1、2回目 生後~3ヵ月の間に27日以上の間隔で2回 生後1歳未満(計3回)
3回目 1回目接種後、139日以上の間隔で1回(生後7~8ヵ月)
四種混合 (DPT-IPV)ジフテリア(D)、百日せき(P)、破傷風(T)、ポリオ(IPV)
【不活化ワクチン】
1期初回 生後3~12ヵ月の間に20~56日の間隔で3回 生後3~90か月(7歳6ヵ月)未満(計4回)
1期追加 初回接種終了後、12~18ヵ月の間に1回
BCG
【生ワクチン】
生後5か月~8か月未満の間に1回 生後1歳未満(計1回)
麻しん風しん混合(MR)
【生ワクチン】
1期 生後12~24ヵ月未満の間に1回 生後12~24か月未満
2期 5~7歳未満で小学校入学1年前の4月1日~入学する年の3月31日までの間に1回 小学校入学1年前の4月1日~入学する年の3月31日まで (1期と2期合わせて計2回)
水痘
【生ワクチン】
初回 生後12~15ヵ月未満の間に1回 生後12~15ヵ月未満の間に1回 生後12か月~36か月未満(1、2歳)(計2回)
追加 初回接種終了後、6~12ヵ月の間に1回
日本脳炎
【不活化ワクチン】
1期初回 3歳中に6~28日の間隔で2回 生後6~90ヵ月(7歳6ヵ月)未満
1期追加 4歳中に1回(初回接種終了後、おおむね1年後)
2期 9歳中に1回 9歳~13歳未満(1期と2期で計4回)
二種混合(DT)ジフテリア、破傷風 2期 11歳中に1回 11~13歳未満
子宮頸がん予防 中学1年生の間に3回 小学校6年生~高校3年生相当の女子

任意予防接種

※ロタウイルスワクチンの接種前後30分は授乳ができませんので、ご注意ください。
予防接種名 標準的接種期間 接種回数
ロタリックス (ロタウイルスワクチン)
【生ワクチン】
生後6週~24週 1回目は15週未満 計2回、2回目は1回目の接種から4週間の間隔をあける
ロタテック (ロタウイルスワクチン)
【生ワクチン】
生後6週~32週 1回目は15週未満 計3回、前回の接種から4週間の間隔をあける
おたふくかぜワクチン
【生ワクチン】
1歳~1歳3ヵ月までに1回目を接種 計2回、2回目は2~4年ほど間隔をあける
インフルエンザ
【不活化ワクチン】
生後6ヵ月~小学6年生 計2回、2回目は1回目から2~4週間の間隔をあける
中学1年生以降 計1回
  • 上記以外のワクチンについても、ご相談ください。
  • 0歳や1歳の時点でワクチン接種の「打ち漏らし」があったとしても、それよりも上の年齢で接種できる場合があります。
    「接種を受けていない」「必要な回数を終わらせていない」などのケースについては、横浜市予防接種コールセンター(045-330-8561)にご相談ください。

予防接種料金表

※料金は全て税込み価格になります。

インフルエンザ予防接種料金表

接種年齢 接種回数 金額
13歳未満 1回目 3,500円
2回目 3,000円
13歳以上 1回につき 4,000円

※インフルエンザ予防接種をご希望の方はこちらから予診票のダウンロードができます。

任意接種ワクチン

おたふく 6,000円
ロタテック(3回接種) 9,000円
ロタリックス(2回接種) 14,000円

定期接種ワクチンの期間外

水痘 7,500円
日本脳炎 7,000円
MR 9,000円
Hib(ヒブ) 7,500円
肺炎球菌(PCV-13) 9,000円
四種混合 10,000円
三種混合 4,000円
二種混合 4,500円
B型肝炎 6,000円
子宮頸がん 15,000円
BCG 6,000円

その他

A型肝炎 8,000円
狂犬病 14,000円
不活化ポリオ 8,500円
髄膜炎菌 23,000円

予防接種のスケジュール管理もご相談ください

予防接種には、たくさんの種類がありますので、どのワクチンをいつまでに受ければ良いのか、戸惑ってしまう保護者の方も少なくないと思います。
そこで当院では、ご希望の方には予防接種のスケジュール管理のお手伝いもいたします。お気軽にご相談ください。

「予防接種健康被害救済制度」について

予防接種は、感染症を防ぐためにとても重要なものですが、極めて稀ながら脳炎や神経障がいなど、副反応による重大な健康被害が生じるケースがあります。
万が一、定期予防接種による健康被害が生じた場合は、救済給付を行うための制度があります。
それが、「予防接種健康被害救済制度」です。

当該健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定した場合は、市町村により給付が行われます(第三者で構成される疾病・障害認定審査会により「因果関係」に係る審査があります)。
ただし対象年齢や受ける回数・間隔を超えた場合には、その対象となりませんので、ご注意ください。

なお、任意接種のワクチンが原因で健康被害が生じた場合についても、医薬品医療機器総合機構法による救済制度があります。
詳細については独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページにてご確認ください。

さいとうこどもクリニック 診療科目:小児科
  • 〒234-0051 神奈川県横浜市港南区日野6-9-7
  • 045-843-3110(さいとう)
  • 駐車場13台完備
土曜は9:00~13:00(受付8:45~12:30)まで
※初診の方は診療時間終了60分前が最終受付になります。
休診日: 木曜、土曜午後、日曜、祝日
  日祝
9:00~12:00受付8:45~11:30
乳幼児健診・予防接種 14:00~15:30受付13:45~15:15
(予約制)
15:30~18:00受付15:15~17:30
ご予約はこちら
ACCESS
【車でご来院の方】
上永谷駅、上大岡駅、港南台駅より車で約10分
【バスでご来院の方】
上大岡駅、港南中央駅から 横浜市営バス [51系統] 野庭中央公園ゆき「公務員住宅入口」より徒歩1分
上永谷駅から 横浜市営バス [112系統] 洋光台駅前ゆき「公務員住宅入口」より徒歩1分
洋光台駅から 横浜市営バス [112系統] 上永谷駅前ゆき「公務員住宅入口」より徒歩1分
案内図

大きい地図はこちら >>

ご予約はこちら
PAGE TOP